SSブログ

燕岳 <2日目> [登山]

燕山荘で快適な夜を過ごした翌朝は絶好の天気になりました。
燕岳・北燕岳からの展望が楽しみです。

DSC_2771.jpg
設備の整った燕山荘ですが、やはり利用者のマナー・モラルが問題です。消灯後もザックの荷物をガサゴソやる者や深夜廊下を足音高くトイレに通う者が多く居て、ぐっすりと熟睡には程遠い一夜でした。
5:40の第2班の朝食は昨夜の夕食に続いて満足のいく内容で、お腹いっぱいにしました。部屋の片づけ、パッキング、トイレを済ませて6:30には外に出ました。玄関脇のザック置き場にザックをデポして燕岳を目指しました。

絶好の天気で槍ヶ岳も裏銀座の山々も朝日を浴びて輝いています。

DSC_2757.jpg
イルカ岩を見ながら・・・。
DSC_2779.jpg
メガネ岩を通って・・・。
DSC_2778.jpg
燕岳には30分もかからずに着きました。ムスコは今朝も快調です。
DSC_2760.jpg
朝方少し雲がかかっていた槍ヶ岳や・裏銀座もすっきりとした姿を見せていました。少しズームして撮ってみました。
DSC_2758.jpg
鷲羽岳・水晶岳~野口五郎岳などの裏銀座方面。
DSC_2759.jpg
東方の信州側は雲海が広がっていて富士山なども霞みがちでした。私にとっては5回目の燕岳山頂ですがムスコは初登頂です。しばし展望を楽しんだ後は北燕岳を目指しました。
DSC_2761.jpg
10分も歩けば北燕岳の岩峰が眼前です。
DSC_2762.jpg
岩峰の奥に白砂の北燕岳山頂です。
DSC_2771.jpg
燕岳よりさらに遮るもののない大展望が開けていました。穂高岳から白馬岳の北アルプスの全容です。笠ヶ岳や立山剱岳なども遠くに見えました。
DSC_2764.jpg
DSC_2766.jpg
DSC_2767.jpg
槍・穂高連峰をズーム。
DSC_2774.jpg
後続の名古屋からの夫婦登山隊に山頂を譲って北燕岳を後にしました。
往復2時間の稜線漫歩を楽しんで燕山荘に戻ってきました。槍ちゃんに「又来るからね」と声かけて燕山荘を後にしました。
DSC_2780.jpg
昨日はよれよれになって歩いた合戦小屋から燕山荘までの道でしたが、今日は快調にムスコの後を追うことが出来ました。朝早く中房登山口を出た登山者とひっきりなしに行き交います。
合戦小屋には燕山荘から50分で下り珈琲を淹れて一休みしました。
その後も第三ベンチ・第一ベンチと休憩取りながらの下山です。富士見台ベンチ・第二ベンチはパスしました。
中房の登山口には燕山荘からは3時間20分かかって正午前の下山になりました。登りには5時間近くかかっていたが、下山はコースタイムより早く下れたので満足の下山になりました。

「行動時間」
燕山荘6:30~燕岳・北燕岳7:20/7:40~燕山荘8:20/8:30~合戦小屋9:20/9:50~第三ベンチ・第一ベンチ~中房登山口11:50~駐車場12:10
お盆山行の苦い思いを吹き飛ばそうと登った燕岳ですが、登り始めに雷雨に遭いましたが、その後は順調な行動と天候に恵まれその思いは達成でき、ムスコも大満足です。
林道を安曇野市穂高に下って明科のソバ屋で昼食を摂って帰宅しました。

nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

ほろしり

夏の締めくくりに、息子さんとの小屋泊まり登山
テント泊が多いので小屋泊まり、小屋飯など
息子さんにとっては思い出に残る登山になったのではと思います
来年に向けて又頑張って下さい

常念岳からの変更で無理なお願いして申し訳なく思います
Sさんにはその旨伝えてあります、何の返信もありませんが
カモシカさんとは連絡取れてるのだろうと思いますが
其の節は宜しくお願いします
by ほろしり (2020-09-16 21:44) 

kamoshika_nagai

>ほろしりさん
良い思い出を残してあげることが出来ました。
もう来年の予約が入り、塩見岳をリクエストです。元気に過ごして3年越しの期待に応えたいと思っています。

常念岳の件はSさんに概略行程を連絡してあります。日出が遅くなっているので5時半の行動開始にしたいと思っています。
八ヶ岳も横岳~硫黄岳経由で赤岳鉱泉に下って下山も時間的には余裕があると思います。ご一考ください。
by kamoshika_nagai (2020-09-17 08:32) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント