SSブログ
前の10件 | -

体調異変 [流れゆく日々]

4月15日上田市武石の唐沢山を登った翌日、左わき腹に痛みが出て、37度を超える発熱が有りました。ここ数年の恒例の体調異変の症状です。

一晩様子見しましたが回復しないので、かかりつけのクリニックで診察を受けました。

筋肉痛と風邪の初期症状で、静養に努めるようにと云う診断結果でした。

昨日は処方された薬を飲み、一日中布団に潜り込んでいましたが、3日目の今日は熱も下がり痛みもだいぶ和らぎました。

これは唐沢山で尾根を間違えて急登の尾根と急斜面の雑木林のトラバースで余計な筋肉を使ったための筋肉痛と汗をかいて体を冷やしたためと思っています。

毎年2回ほど同じようなことを繰り返しています。ここはしばらく静養に努め春山本番に備えようと思っています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

上田市武石の唐沢山 [登山]

好天に誘われて上田市沢岻の里山唐沢山に登って金ました。登山道の無い山でそれなりに準備して行きましたが、案の定登り尾根を間違えて灌木藪の中3時間の格闘の末の登頂になりました。

karasawa-takeshi.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

伊那市の権現山 [登山]

早春の南信州山行の6日目の最終日は伊那市の駒ヶ岳前衛の権現山です。南信州山行の際はいつも一山はお付き合いしてくれるrommyさんが今回も同行してくれました。

IMG_0118.JPG

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

遠山郷の戸倉山 黒石岳は敗退 [登山]

伊那山地の南端に位置する戸倉山に登り黒石岳までの往復縦走を試みましたが黒石岳はキレット岩稜などの連続する尾根の先に有り、時間切れで敗退しました。

遠山郷のマッターホルンと呼ばれる尖峰戸倉山の山頂です。

DSC_2985.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

遠山郷の森山と炭焼山 [登山]

南信州山行4日目は飯田市南信濃に入って和田宿の森山と下栗の里の奥にある炭焼山です。
地形図では森山ですが盛平山または森平山と呼ばれている森山山頂です

DSC_2977.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋葉街道小川路峠から金森山 [登山]

早春の南信州山行3日目は飯田市上久堅から遠山谷に抜ける秋葉街道古道を小川路峠まで歩いて、小川路峠から薄い踏み跡追って金森山を往復してきました。

DSC_2960.jpg
(小川路峠ー辞職峠)
小川路峠は飯田市側から登り三里、遠山谷側に下り二里有り「五里峠」と呼ばれ、合計約20キロの道程であり、人が歩いて峠越えするにはほぼ1日を要する難路であった。
明治以降遠山郷に赴任する公職の教員や警察官は、みんなこの峠を利用した。そしてそのあまりの険しさに驚き、職を辞したくなったというのが辞職峠と云う異名をとった小川路峠である。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

喬木山と竜東の小さな山 [登山]

早春の南信州里山探訪2日目は喬木村の喬木山と飯田市竜東地区の小さな里山を巡りました。

喬木村の喬木山山頂です。

DSC_2943.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高遠城址公園の桜 [旅は道連れ]

不動峰を下りた後は高遠城址公園に向かいました。60年前三峰川発電所工事に赴任し、城址公園にあった野球場で施工業者対抗の野球したことを思い出しました。
「天下第一の桜」と謳われる高遠城址の桜を初めて見てきました。

開花から3日目ですが一部は満開状態の桜もありました。「タカトウコヒガンサクラ」ソメイヨシノに比べ花弁が小ぶりですが赤みが強く見栄えがします。

DSC_2935.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

伊那市高遠の鉢伏山と不動峰 [登山]

異常気象ともいえる暖かな春を迎えました。今年も目標の信州里山探訪、南信州山行の第一弾です。いつもの通り初日は伊那市高遠の山です。高遠町の黒沢から鉢伏山に登り稜線を不動峰まで往復縦走しました。

樹林に囲まれた鉢伏山山頂です

DSC_2923.jpg
不動峰を下りた後は数日前に開花宣言の出た「天下第一の桜・高遠城址公園」を散策しました。
DSC_2942.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

95歳の恩師 [流れゆく日々]

昭和33年3月、長野県更級郡村上中学校を卒業しました。
卒業時の担任は小林能男先生です。卒業以来交流はありませんでしたが、45年後の還暦記念の同級会で再会をしました。依頼年賀状での挨拶を細々と続けてきました。

先生からの今年の年賀状には「最近は会う機会もなくなったが、近くに来ることが有ったら寄ってくれ」と云う添え書きが有りました。そんな機会がすぐにやってきました。お住まいの朝日村の烏帽子岳と武居城山に登ることになり、先生宅を訪ねることにしました。

午前中、隣の波田町の白山に登り、朝日村西洗馬の先生宅の目の前の武居城山を散策した後電話をしました。電話には出られなかったので、「もしかしたらディサービスにでも・・・」と思い、烏帽子岳登山口などの下見をしました。3時過ぎにはディサービスから戻られるだろうと思い自宅を訪問しました。

奥様と二人野良仕事の準備をしていたと言って顔を出してくれ、「電話に気付いて受話器をとろうとしたら電話がきれた。あれは君だったのか」と云いながら迎えてくれました。早速手土産をお渡しし、中学校卒業時の記念写真を見ながら同級生の消息などに花が咲きました。(もうクラス40人中6人が先立ちました。)
先生は今年4月には満95歳になられるそうですが、足腰は弱ったそうですが病気もせずに元気いっぱいです。物覚えは歳相応に悪くなったが認知機能に問題は無く、野良仕事を楽しみながら生き生きとそして矍鑠としていました。奥様は少々目が不自由になったそうですが生活に不自由を感じることもないそうです。91歳まで車の運転をして買い物などしていましたが、それ以来西洗馬地区に商店が無いので食料の買い出しに不便を感じているそうです。ご子息と娘さんはそれぞれの家庭を築いていますが、月に2度は顔を出して食料の買い溜めをしてくれているそうです。

なんだかんだと1時間ほど談笑し、「同級会をするなら出かけて行くからな~」と促され、「先生奥様いつまでもお元気でいてください」と記念の写真を撮ってお暇しました。

DSC_2910.jpg
DSC_2914.jpg
「ワシの方が若いかな~」と云われハゲ頭をかきました.
DSC_2911.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -